STEREO探査機の極端紫外線画像(EUVI)によると、本日から明日にかけて太陽面の東端から新たに回り込む活動的な領域はありません

1ちーたろlove&peace ★2019/12/05(木) 12:02:15.90ID:QIxu4PE/9 時刻:リアルタイム (LIVE)

http://swc.nict.go.jp/

太陽活動

太陽活動は静穏でした。
太陽面で目立った活動は発生しませんでした。

STEREO探査機の極端紫外線画像(EUVI)によると、本日から明日にかけて太陽面の東端から新たに回り込む活動的な領域はありません。

5日0時UT現在、太陽面上に目立った活動領域はありません。
引き続き今後1日間、太陽活動は静穏な状態が予想されます。

■過去3日間に大きなフレアの発生はありませんでした。

準リアルタイム太陽表面観測画像

⚠黒点(白色光)ありません

地磁気活動

地磁気活動は静穏でした。

太陽風速度は低速な320km/s前後で推移しました。
磁場強度は弱い3nTで推移しました。

SOHO探査機の太陽コロナ画像(LASCO)とSTEREO探査機の太陽コロナ画像(COR)によると、今後の地磁気に大きな影響を与えるCME(コロナ質量放出)は新たに観測されていません。

SDO衛星の極端紫外線画像(AIA211)によると、今後の地磁気に大きな影響がありそうなコロナホールはありません。

引き続き今後数日間、地磁気活動は静穏な状態が予想されます。

地磁気擾乱
静穏Lv.1Lv.2Lv.3Lv.4Lv.5

放射線帯電子

GOES衛星の観測によると、静止軌道における2MeV以上の電子の24時間フルエンスは、8.63×10^6[個/cm^2/sr]の静穏レベルでした。
引き続き今後1日間、電子フルエンスは静穏な状態が予想されます。

黒点の画像と作成日時

宇宙天気予報【LIVE】 会場はこちらへ。詳しくもこちらへどうぞ。

🛸http://swc.nict.go.jp/💫💫💫

https://i.imgur.com/P1pLqC0.jpg
https://i.imgur.com/bRD4WvY.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です