観光ビザで来日中に特殊詐欺に関与し、高齢女性からキャッシュカードをだまし取ろうとしたとして、大阪府警は10日、詐欺未遂の疑いで、いずれも中国籍で住所、職業不詳、梁家明容疑者(26)と劉壮志容疑者(32)の男女2人を逮捕した

1首都圏の虎 ★2020/01/11(土) 10:37:55.66ID:gYVanIC49  観光ビザで来日中に特殊詐欺に関与し、高齢女性からキャッシュカードをだまし取ろうとしたとして、大阪府警は10日、詐欺未遂の疑いで、いずれも中国籍で住所、職業不詳、梁家明容疑者(26)と劉壮志容疑者(32)の男女2人を逮捕した。それぞれ「受け子」と「出し子」とみている。.

 府警によると、2人はそれぞれ昨年12月に30日間の観光ビザで来日していた。押収した梁容疑者のスマートフォンの通信アプリ「微信(ウェイシン)」には「銀行協会のさかしたさんのしじでカードの回収にまいりました」などの文言が残されていた。府警は、2人が中国人の詐欺グループから指示を受けていたとみている。大阪府松原市内で9日、不審な動きをする2人を捜査員が見つけ、職務質問し発覚した。.

 2人の逮捕容疑は9日、氏名不詳者らと共謀し、同市の80代女性に百貨店店員などを装い「あなたのクレジットカードを勝手に使って買い物をした女性がいる」などとうその電話をかけ、キャッシュカード1枚をだまし取ろうとした疑い

https://www.sankei.com/photo/images/news/200110/dly2001100004-f1.jpg

2020.1.10のニュース
https://www.sankei.com/smp/photo/daily/news/200110/dly2001100004-s.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です